特撮モノ

仮面ライダーゼロワン!シンギュラリティの意味とは?詳しく解説!

スポンサードリンク
仮面ライダー歴代俳優と主人公を一緒に解説【平成第1期編】仮面ライダー(令和と平成) 令和第1作目となった【仮面ライダーゼロワン】絶好調! ゼロワンの前作の【仮面ライダージオウ】で20作...
高岩成二引退!ゼロワンからは支える側へ!伝説は受け継がれる高岩成二引退! ザ・ミスター平成ライダー!の異名を持つ高岩成二! もはや伝説のスーツアクターと言っても過言では無い高岩成二。 ライ...

仮面ライダーゼロワン

1971年より放送開始した仮面ライダーシリーズも2016年に45周年を迎え50周年イヤーに向かって邁進中!!

もはや日本の特撮モノ=仮面ライダーが真っ先に出てくるまでになっていますよね!

そして!2019年9月1日からテレビ朝日系列にて毎週日曜日午前9時~午前9時30分まで放送!!仮面ライダーゼロワンがとうとう始まりました!!

キャッチコピーは【令和仮面ライダー元年】【世界最強の社長はただひとり!オレだ!】

内容としては令和にふさわしい【人工知能・AI】がテーマになった内容!

【世界最強の社長はただひとり!オレだ!】がキャッチコピーとあるが主人公・飛電或人(ひでんあると)はAI企業の社長だからだ。

人工知能技術を巡る戦いを描く中で仕事をする為の【夢】と【情熱】の素晴らしさを子供たちに伝える事がこのゼロワンの志向としています!

もともと主人公の或人はお笑い芸人・アルトとして活動していたが、お笑いセンスが全く無く鳴かず飛ばずだった。

その後に祖父の遺言状から【飛電インテリジェンス】と言う会社の2代目代表取締役社長に任命されるが断る。

しかし或人の営業先の遊園地【くすくすドリームランド】で『ヒューマギア』と言う人工知能搭載人型ロボの【腹筋崩壊太郎(なかやまきんに君)】がベローサマギアに変身する。

それを止める為にヒロインの社長秘書イズより【飛電ゼロワンドライバー】を受け取り、仮面ライダーゼロワンに変身して、ベローサマギアを倒した事で【くすくすドリームランド】の支配人や多くの人々を笑顔にした事で飛電インテリジェンスの社長になる事を決意し、【滅亡迅雷.net】を倒すべく物語が始まる。

今回の【仮面ライダーゼロワン】からレジェンドスーツアクター【高岩成二】から同じく高岩を支えてきた【縄田雄哉】に交代となっている。

平成ライダーを代表する高岩成二さん!お疲れ様でした!!・・・と言っても今作でもちゃんと登場してますw

スポンサードリンク






仮面ライダーゼロワン・シンギュラリティって何よ?

仮面ライダーゼロワンの中にちょこちょこ出てくるこの言葉『シンギュラリティ』

筆者キンさん
筆者キンさん
これって何だ?

 

実はこのシンギュラリティって言葉。仮面ライダーゼロワンの世界を語る上でだけでなくAIを語る上で避けては通れない重要なワードなんですね。

意味としては・・・【技術的特異点】☞AI(人工知能)の知性・性能が人類のそれを超える時点と言う意味。

仮面ライダーゼロワンにおいての【シンギュラリティ】の使う意図としては以下の通り。

シンギュラリティを超えるとAIがAI自身でより賢いAIを作って行く。

これは要するにAIが人間を超えたAIを自身で作り出すという事。

そしてこれは【新しい生物を出現させると言う事】

実在の人物・未来学者のレイ・カーツワイル氏もこの事を【新しい生物の出現に匹敵する程重要】と言っています。

悪い方向に考えるとまさに映画のターミネーターやマトリックスの世界と同じ現象が起こり得る!という事!

この2つは発達し過ぎたAIによって人類を滅亡させたり、厳重な管理課に置かれたりするお話でしたよね。

仮面ライダーゼロワンのシンギュラリティも似たようなテーマをモチーフにしていて、AIが人類の絶滅を図るお話ですね。1話でも敵の【滅亡迅雷.net】さんが『人類が絶滅危惧種となる日が近い』って言ってましたしね。

シンギュラリティ=AI(人工知能)の知性・性能が人類のそれを超える時点の事。

仮面ライダーゼロワンはそんな人智を超えたAI・ヒューマギアが人類滅亡を目論み、それを阻止するお話です。

今だからこそ第1話を振り返ってみよう!※2ページ目へ!

1 2