ニュース・芸能

【闇営業】吉本がギャラ公表!税務申告、寄付実行も批判相次ぐ

スポンサードリンク

遅すぎる公表と行動

 2019年7月13日、闇営業に参加した計13名が受領金額と、取得した収入についての税務修正申告を2019年7月12日までに行ったことを吉本興業が公表。

さらに12日付で、吉本興業より【NPO法人消費者スマイル基金】【NPO法人消費者機構日本】に対し各150万円の寄付を実行、個別に宮迫博之さん、田村亮さんらも【公益社団法人全国被害者支援ネットワーク】に寄付を『自ら』行ったとのこと。

しかしワタナベエンターテイメントとの対応スピードの違いや額面を少なく公表するなどの【小ゼコイ】対応の印象の悪さに結局批判が相次いでいる様です。

結局【FRIDAY】の発表した金額と一致

特殊詐欺グループより受け取った金銭の額は・・・

○宮迫博之さん『1000000円』

○田村亮さん『500000円』

○レイザーラモンHG『100000円』

○福島善成『30000円』

○ディエゴ『30000円』

○木村卓寛『30000円』

○ムーディ勝山『30000円』

○くまだまさし『30000円』

○パンチ浜崎『30000円』

○八十島宏之(2700)『30000円』

○常道裕史(2700)『30000円』

別会合

○真栄田賢(スリムクラブ)『75000円』

○内間正成(スリムクラブ)『75000円』

○八十島宏之(2700)『50000円』

○常道裕史(2700)『50000円』

このようになっている。この金額は【FRIDAY】発表の金額と一致。

当初は金額も少なく発表、しかも反社会的勢力とは知らなかった、分らなかったとも発表、世間の声では「もう完全に嘘を付いている」と、もう誰もがそう思ってしまっているでしょう・・・

筆者キンさん
筆者キンさん
やっぱり嘘を付いたことは世間が許さないよね・・・

今後復帰を果たしても嘘を付いていた事実は変わりません。このイメージを払拭するまでは「嘘付きキャラ」のイメージは付きまとう事となります。

スポンサードリンク






吉本は今後も「やり方を変えるつもりは無い」

吉本興業はタレントが依頼された仕事を全て会社に報告する事を定めた【共同確認書】を作成する事を2019年7月中に所属タレント全6000人に署名させると対策案を発表。

しかし個別の契約などについては変更は無し、今後も契約書の作成はしないと言う。

吉本興業大崎会長はこう述べる「芸人、タレント、アーティストとの契約は専属実演家契約である、それを吉本の場合は口頭で行っている。民法上もこれで成立する。今の形が吉本らしいし、これで良いと思っている。」と述べています。

宮迫博之さんの今後の発表はいつ??

宮迫博之さんの今後について大崎会長自らコメントしています。

大崎会長「本人(宮迫さん)が今考えていて、彼の人生でもあるので、意思表示をしてくれるでしょう。週明けか・・・そのぐらいには決めるつもりでいます」

要するに2019年7月15日以降、直近で宮迫博之さんの今後の発表があるとの言及と言えます。

ちなみに関与芸人の内、若手7人に関しては8月中にも復帰の可能性があると発表がありました。

筆者キンさん
筆者キンさん
とうとう発表されるんだ?!

クリーンなイメージを勝ち取ったワタナベエンターテイメントのザブングルは8月末までの謹慎期間、はたして吉本興業はいつを復帰とするのか??それとも・・・

まとめ

嘘のイメージと隠し事をするイメージの付いた吉本興業と所属タレント達。 大崎会長はコメントで・・・

「宮迫博之さん本人が受け取った事を『うん』と言わなかった。会社が嘘は付いていたと言わなかっただけで、結果嘘を付いた形になった。5年も前の事なので記憶が薄れていたのかもしれない」

宮迫さんが嘘を付いていたと遠まわしにぶっちゃけた様な形、大崎会長本人もそう認めているんですね(;・∀・)

 さて・・・闇営業関与芸人達が今後復帰したとして【お笑い芸人】として世間の皆さまに笑いを届けていけるのか・・・非常に疑問です・・・

スポンサードリンク