ランキング

嫌いな芸人ランキング2019トップ10は誰?詳細を画像付きで解説

スポンサードリンク

1番嫌いなお笑い芸人ランキング

2019年度版【1番嫌いな芸人】は昨年まで3年連続1位だった石橋貴明を抑えて明石家さんまが初のトップとなった!

明石家さんま=好きな芸人

それももはや過去の産物、直近では番組の発言が批判の的になるなどsnsの発達は老舗の芸人達にはマイナス要素、さんまが変わったから順位が落ちたと言う訳でなく時代の空気が変わった結果が順位に影響したと言っても過言では無いようだ。

筆者キンさん
筆者キンさん
さてまずは気になるトップ10を画像付き紹介!!
好きな芸人ランキング2019トップ10は誰?詳細を画像付きで解説1番好きなお笑い芸人ランキング 毎年恒例!日経エンタテイメントお笑い芸人人気調査は今年で16回目になります。 毎年1000人の全国男...

1番嫌いな芸人トップ10

10位・久保田かずのぶ(とろサーモン)【初】票数17

9位・狩野英孝【前年8位】票数18

8位・くっきー(野生爆弾)【前年15位】票数22

同率6位・村本大輔(ウーマンラッシュアワー)【初】票数26

同率6位・青木さやか【前年3位】票数26

5位・江頭2:50【前年4位】票数28

同率3位・クロちゃん(安田大サーカス)【初】票数30

同率3位・アキラ100%【前年1位】票数30

2位・石橋貴明(とんねるず)【前年同率1位】票数33

1位・明石家さんま【前年11位】票数43

スポンサードリンク






今年はダントツで明石家さんまがトップ

毎年恒例!日経エンタテイメントお笑い芸人人気調査は今年で16回目になります。

全国1000人の男女を対象に調査。こちらは【1番嫌いな芸人】の記事。

トップは好きな芸人ランキングでは2位を獲得した明石家さんま!!

前年11位から驚異のランクアップで3年連続トップの石橋貴明を抑え1位を獲得した。

好きな芸人ランキング2019トップ10は誰?詳細を画像付きで解説1番好きなお笑い芸人ランキング 毎年恒例!日経エンタテイメントお笑い芸人人気調査は今年で16回目になります。 毎年1000人の全国男...

明石家さんまを嫌いな理由

①【キャラクターが嫌い】63%

②【ネタがつまらない】61%

この2つがダントツだったが特に気になったのは20代30代がネタのつまらなさに強い拒否反応をしるしている事。時代の流れか若い世代からはさんまのネタは既に受け入れられなくなっているようだ。

さらに熟年層にも【価値観の押しつけが目に余る】【なんでも自分の話にしてしまい、МCとして機能していない】など的を射た厳しい意見が多かった。

『さんま流トーク』に対する世間の受け止め方に陰りが見えてきていると言える。

2位・石橋貴明

昨年まで不動の3年連続1位だった石橋貴明は今年は2位。

1番の理由は【キャラクターが嫌いだから】がダントツの理由。その他は【ネタがつまらない】、これを見る限りやはり大御所たちの芸人の芸はもはや時代の波から外れてきている事が良く分かる。

キャラクターが嫌いと言うが、元々の石橋のキャラクターを知ってての回答なのか?元々は【やんちゃで破天荒キャラクター】だった。それも今ではすっかり鳴りを潜めてしまっている。

その他は毎年恒例の【傲慢で生意気】などが散見された。

3位・アキラ100%

前年石橋貴明と同率1位だったアキラ100%。

理由は前年とほぼ同様、【ネタがつまらない】(57%)がトップ。

こちらも前年もあったが【笑いを取る為の努力が痛々しいものは見ていて疲れる】などネタの根底から否定する辛口意見が目立った。

ですが昨年1位を獲得してまた今年も上位に入っている。

1番嫌いな芸人の上位に入っている=知名度があり、今も活躍している。

であることから一発屋だろうと言われ続けた1年前から現在もコンスタントにテレビに出続けている事から、支持する層も根強く存在するという事だ。

スポンサードリンク






初登場はネット炎上芸人

ピックアップすべきは圧倒的な嫌悪感と圧倒的なクズ芸人としての位置を獲得したクロちゃん!ご存知【水曜日のダウンタウン】のテラスハウスをオマージュした(笑)?モンスターハウスで日本中の女子に留まらず男子達から悲鳴を上げさせるほどの気持ち悪さを発揮し一気にこのランキングの上位に君臨した。

10位の久保田かずのぶは言わずと知れた【M-1グランプリ】の1件の影響。せっかくM-1を制覇した芸人でありながらテレビ出演は激減、西の女帝・上沼恵美子を批判した大証はやはり大きかった。

ナダル(コロコロチキチキペッパーズ)は最近問題の闇営業問題に手を染ていなのか?!と思えるくらいのクズ発言連発ながら普通にテレビに出ている。そんな事もあり世間の声は怪しむ声も多く存在自体を嫌う声が散見していた。

嫌われる芸人の特徴

炎上芸人が嫌いな芸人ランキングにランクしている様に、嫌われる芸人とは【芸人として】でなくその人物の人間性で判断されているケースが多いと言えそうだ。

ドッキリ企画で人間性がバレ評価を落す者や、嫌われることを恐れ自身の本来の姿を出せず小さくまとまってしまうと世間からは【つまらない】と言われ、体を張る、本音を晒す、と結局批判される事が多い嫌われる芸人達。

1度付いた悪いイメージは中々覆らず結果嫌われ街道まっしぐらとなってしまうのだ。

好きな芸人ランキング2019トップ10は誰?詳細を画像付きで解説1番好きなお笑い芸人ランキング 毎年恒例!日経エンタテイメントお笑い芸人人気調査は今年で16回目になります。 毎年1000人の全国男...

まとめ

好きな芸人に入る芸人は嫌いな芸人に入る事が多い。

それは人気がある証拠であり、見られているからこそ【好き・嫌い】に該当する訳です。

しかし明石家さんまの様なトップを走る芸人としてはマイナス要素。

昨年はトップ10入りもしていなかった明石家さんまが1位になった事からも分かるように、時代の流れは明らかに少しずつ変わっていってる様です。

平成から令和の様に芸人も時代の流れに沿って世代交代が起こっていくべきなのかもしれません。

ということで今回はここまで!!

それではまたお会いしましょう~!!

筆者キンさん
筆者キンさん
バイバイ筋!!

スポンサードリンク