ニュース・芸能

吉本興業社長・岡本昭彦氏会見全容

スポンサードリンク

会見の内容

※重複内容は極力削除、内容は要約して記載・リアルタイム更新なので箇条書きで失礼いたします※

まずは弁護士により経緯説明がありました。

その後に岡本社長会見開始

棒読みでまず謝罪、頭を下げます。『宮迫・亮に20日の謝罪会見をさせてしまい二人に対して深くお詫びを申し上げます。辛い思いをさせてしまい申し訳ない。』

【宮迫・亮の処分を撤回させてください】(;・∀・)はぁ?!

コンプライアンスを徹底する。24時間どんな時でも対応できる対応のホットラインを作る。そして共同確認書の作成徹底。

徹底を掲げたにもかかわらず反社会的勢力からお金を貰ってしまう事態が起こったことを深く反省する。

芸人ファーストで無かった事が自分のせいである。

芸人・タレントファーストについて⇒皆ファミリーと思っている、環境作りをしていったつもりだが、宮迫・亮たちに伝わっていなかった(;・∀・)えぇ?!

日々の業務に追われコミュニケーションをとる事がおろそかになっていた。

タレント達が自分らしく生きて行く為の信頼関係を作れていなかった。反省している。

宮迫・亮が自分らしく生きて行く環境を作れていなかった。この2人に心からお詫びを申し上げます、そして受け入れてもらえるならば(涙ぐむ)『同じテーブルで向かい合い、彼らの声に耳を傾け、最善策を一から考えて行きたいと思っています』

明石家さんまから『芸人の事を考えてくれと苦言を受けた、会社の立場もあるだろうが、もし契約解除するなら俺が宮迫達を受け入れてもいいか?と言われた』

『松本人志からは松本工業で引き取っていいか?と言われた』(ずっと泣きながら)

その他色々な方々から叱咤激励を受けた。

大崎会長・岡本社長自身の50%の減棒にする(退社じゃないのね(・_・;))

宮迫・亮の会見を見て会見を開くべきと思い開いた。

以上が岡本社長の会話です。

以下質疑応答に移る。

最初の質問

『宮迫・亮、処分の撤回理由はなぜ?!』(;・∀・)そりゃそうだよな

岡本社長回答

撤回はあくまで会社の意思である。全ては宮迫・亮の謝罪会見を見て心苦しい思いになり改めて彼らが許すならば改めて話し合いをしたいという決断に至った。(しどろもどろ)

宮迫の契約解除の撤回・亮は『契約解除していないので処分の撤回』

次の質問

『引退をしてでも謝罪会見をしたいと思ったことに理解はあるのか?』

岡本社長回答

『宮迫が引退する、だから自分と会いたいと打診、翌日宮迫と亮と会う、岡本と藤原と宮迫と亮の4人で会う。(そこから少し前(時系列で)の話に戻る)まず引退させないと会見できないとは言っていない。記者会見もやらせる、だがそれは岡本と藤原と話したうえで時期も一任し決める。』(;・∀・)回答ちぐはぐじゃない?

質問者からも疑問が来る

そしてまた回答するが何を言いたいのか分からない(;´Д`)返答になってない

質問者も良く分からないと返事

結局意味が分からないまんまで終わる。

次の質問

『お前らテープ回してないやろな?発言に対して』

岡本社長回答

『宮迫・亮・他4人以外はスムーズに話を終えたがこの4人に対して・・・ごにょごにょ・・・』

回答になってないので質問者が途中で割って入る

『テープについて教えて欲しいの回答を・・・』

岡本社長回答

『テープ取ってないやろな発言は冗談だった』

質問者『冗談だった?!それが信頼関係を崩していると思わないのか?!』

岡本社長『しどろもどろ・・・』

質問終了(;´・ω・)

次の質問

『宮迫の嘘が問題だった訳だがどういった言葉で何度嘘の説明をしたのか?』

岡本社長回答

『2転3転しているので自分も良く理解していない』

これまた質問ここで終了

次の質問

『会社としては静観ですの有無』

岡本社長回答・・・からの藤原が回答

『静観という言葉を使ったかどうかは(なんと)覚えていない(藤原アウト~(;・∀・)自分で自分に)

『静観と言う言葉は全く動かないという事、なので静観と言う言葉は使っていない・・・と思う』

スポンサードリンク






次の質問

『全員クビにする発言の有無』

岡本社長回答

『自分には力がある!とは言っていないがクビにするぞは言った・・・ごにょごにょ』

『クビにするとかテープ取って無いやろな発言は和ませようと思って言った発言で、身内の会話感覚の発言、圧力をかけて言ったつもりは全くなく、親が子供にお前勘当やぁ~・・・的な感覚の発言だった』

次の質問

『本人達(宮迫・亮)が謝りたいと言ったのに謝罪会見をさせなかったのはなぜ?』

岡本社長回答

『今思うとそうだったと思う、だがその当時は金銭の受領があった事から話が始まった為、その後ヒアリングを開始し・・・ごにょごにょごにょ・・・お詫びや納税の有無を終えてもいなかったので、個人の意見を受け入れるには時間が必要だった、余裕が無かった』

次の質問

『在阪在京5社は俺の味方や発言について』

弁護士回答(岡本社長が話すとまずいのか?!)

『吉本は在阪在京5社は株主だが生放送となると様々な弊害がある』今一つ意味が分からないが結果として『全くそんなつもりはない。そんなことはそもそも物理的に不可能だと思っているし、ジャーナリズムの観点で非常に重要な観点なのでしっかり押さえておきたい。吉本さんとしては時間の配慮が必要』と回答

次の質問

『反社会的勢力スポンサーの件』

岡本社長回答

フリップを出し説明『入江のせいにする』今一つ本人が分かっていない・・・しっかりと回答をせずに終わる・・・

次の質問

『芸人が何も言えない環境について』

岡本社長回答

『加藤浩次とは会見後話し合う、芸人が何も言えない環境はあると思う、自分の力不足からなる事』

次の質問

『進退は減棒で終えるのか?』

岡本社長回答

『現段階で今の現状を解決する事が先決』

次の質問

『岡本社長が変わらなければ意味がないのでは?』

岡本社長回答

『変わるつもりです』

次の質問

『連帯責任でクビにするについて』

岡本社長回答

『しどろもどろで認める、反省しています』

次の質問

『岡本社長は恫喝するような人間だについて』

岡本社長回答

『認める、若い頃は良くあった、今は一人で家にいるから分かりません(;・∀・)エー』

次の質問

『入江の処分について』

岡本社長回答

『変えるつもりは無い』

次の質問

『連帯責任といった発言はパワハラと思うか?』

岡本社長回答

『家族の会話の気分で言ったつもりの発言、パワハラと感じたなら認める』

次の質問

『宮迫・亮に反論する事はあるか?』(一人でやってる会見なのにいじわるな質問(;´Д`))

岡本社長回答

『力があるぞ発言は違う、他は・・・ちょっと考えます』

次の質問

『松本人志が会見を開けと言わなければやらなかったのか?』

岡本社長回答

『会社が決めた事』

次の質問

『世間の声について』

岡本社長回答

『真摯に受け止める、所属タレントについても全力で気持ちを反映して行きたい』

次の質問

『15年前から反社会的勢力排除を掲げていたのに出来ていなかった、防止策は?』

岡本社長回答

『ホットラインの強化・コンプライアンス研修を行う』

次の質問

『ギャラについて』

岡本社長回答

『ギャラ9:1では無く5:5、若しくは5:6』

同じよぉ~な内容が2時間以上続く。

気になった質問

『なぜ岡本社長は辞任しないのか?岡本社長にしか出来ない事があるのか?』の質問

岡本社長回答『うーーーーーん・・・・皆に聞いときます』(;・∀・)‼

会場に笑いが起こった★

・・・

・・・・

・・・・・

5時間経過(;・∀・)

へとへと社長。

答えもヘロヘロに・・・

この間所属芸人の不満大爆発!!

 

トレンディエンジェル齋藤『情けない』

たむけん『言い訳』

とろサーモン久保田『血の通った発言を聞かせてくれ。どう変わるんですか?』

R藤本『芸人楽屋、ミスターサタンの試合勝手くらい冷めた空気が流れてる』

天竺鼠川原『何かわからないものが、ずっとすごい弱火ですごい焦げてる』

最初に『おまえらカメラ回してないやろな?』って言ってほしかった(;・∀・)ウケた

大谷ノブ彦(ダイノジ)『これはなんだなんなんだ?』

エハラマサヒロ『冗談…和ませようと?』

ヘンダーソン 中村フー『ダメだなー』

などなど・・・数えきれない程の不満が爆発している・・・

総括:芸人との信頼関係が取れていない、公共事業での公演等で統率が取れていない。会社は反社と繋がってる、岡本社長『不徳の致すところです』(;・∀・)

・・・書くの無駄と感じております・・・また改めた回答が後に出るあまり意味の無い会見です。同じ回答、若しくは回りくどく話してどの質問にも回答が的を射ていない、しどろもどろで途中で終わる・・・

まとめ

宮迫さん・亮さんの会見は書く価値あったのですが・・・

食い違いだらけの会見、弁護士さんは震えているし・・・司会が一番しっかりしてるし・・・とにかく

『この社長には誰も付いて行きたくない』

芸人達だけでなく、会場の記者達も、視聴者の皆様も、世間の皆さまも、そして筆者も思いました。

最後の最後の挨拶までカンペで棒読み挨拶、芸能界最大の芸能事務所の社長はこんなものなのですね。

芸人皆間違いなく辞めるな。

これじゃほんと、何も解決しないよ(-_-;)以上!!

スポンサードリンク