お役立ち系

2020年 新型インフルエンザ。またもや中国か。豚から人へも感染確認

引用:朝日新聞「養豚団地」1万5千頭の殺処分進む 愛知の豚コレラ

「それはまた、インフルエンザを警戒することができず、警戒し、コロナウイルスのパンデミックでも監視を続ける必要がある

https://www.theguardian.com/world/2020/jun/30/new-swine-flu-with-pandemic-potential-identified-by-china-researchers

コロナの影響とともにで、今までヒヤヒヤしていたことがついに現実となりました。

インフルエンザです。

ただのインフルエンザではありません。

中国の研究グループの発表が、20年6月29日、新型の豚インフルエンザが確認されたという研究結果をアメリカの科学誌で

再びパンデミックが起こる可能性があると警告を慣らしました。

引用元

この研究は、特に何百万人もの人々が農場、繁殖施設、食肉処理場、ウェットマーケットの近くに住んでいる中国の人口密集地域で、

種の壁を越えて人間に侵入するウイルスのリスクを強調しています。

再びパンデミックか。。

現在世界を席巻しているコロナウイルスは、中国南西部のコウモリのコウモリが起源であると考えられており、

ウイルスが最初に特定された武漢の中心都市のシーフード市場を介して人間に広まった可能性があります。

「G4ウイルスの人への感染が人への適応をさらに促進し、人のパンデミックのリスクを増大させることが懸念されます」と研究者たちは口を揃えています。

豚を扱っている人々を監視する緊急対策を求め、一刻でも早い対策を!と書かれていました。

既存のインフルエンザ治療薬は効果確認できず

前年度のインフルエンザ特効薬を試してみましたが、効果は得られず、ワクチンの開発を行っていかなければいけません。

ヒトの細胞内で複製を行った他、フェレットでは他のウイルスよりも深刻な症状が観察されました。。

 また実験では、季節性インフルエンザへの感染で獲得される免疫は、G4に対する防御効果がないことが明らかになった。

 養豚関係者を対象に実施した抗体検査では、10.4%が過去に感染したことがあるとの結果が出ている。

同じ検査で、養豚関係者以外の一般の人々の抗体保有率は4.4%となっている。