ニュース・芸能

羽生結弦4回転半(アクセル)完成は悲願?その理由と今後の目標は?

スポンサードリンク

羽生結弦の2019-2020シーズンスタート!!

いよいよ本格スタートを迎えたフィギュアスケートの2019-2020シーズン!

開幕戦はオータムクラシックから!今季の注目は当然羽生結弦さんの【ニジンスキーに捧ぐ】ですよね!コチラは羽生くんが大尊敬するロシア・プルシェンコ氏の伝説的プログラム!!

結果と言うよりはもはやいかに素晴らしい芸術性を醸し出してくるのかという事に注目している筆者は楽しみでならない(/・ω・)/

さらに今期はジャンプにとんでもない練習法を取り入れている様でそちらにも注目が集まっています!!

羽生結弦4回転アクセル悲願の完成へ!

羽生くんは将来的に全ての4回転ジャンプを習得する事に意欲を見せていて、将来的に4回転アクセルを跳べる事こそ悲願としてきた・・・いよいよ今季!その瞬間が迫ってきたと思わせる光景を目の当たりにする!

公式練習が行われていた際の光景だった。

4回転ジャンプは【ループ】【サルコウ】【ルッツ】【トウループ】を着氷させ、好調を見せていた。

そしてその練習終了間際、何かを確かめる様に2回転半を2回跳ぶ。

その後羽生くんはなんと!ジャンプ担当の【ジスラン】に4回転半の挑戦を直訴する!

しかしその後跳ぶことなく終了・・・なにやら色々話していた様だが・・・

内容は『今日は本当に調子がいいから!』と羽生くんが4回転アクセルを要求してきたが。『いや!やめた方が良いよ』と言ったんだそう、『もう少しでやる所だったよ!!(;・∀・)』

・・・とコーチは笑いながらコメント。

実戦での4回転アクセルの準備は着々と進んでいる模様!

スポンサードリンク






羽生結弦4回転アクセルの練習法・・・5回転ジャンプで練習?!

なんと羽生くん、4回転アクセルを跳ぶためにとんでもない練習法をこなしていた!!

その内容はなんと・・・

2種類の5回転ジャンプを跳ぶという驚異の練習方法だった(;・∀・)

いや・・・天才達の考える事って・・・

まぁ当然ハーネスを使用した上での練習ですが、本人は中々に好感触の模様!!

上記は公式練習時の光景だったのだがこの練習後に囲み取材を受けた時にもサラリと衝撃発言をしていた。

オフの時に左足首捻挫した理由を問われた時だった・・・

『5回転サルコウを練習して・・・足が引っかかった・・・』

・・・えぇ?!5回転?!

当然ざわつく(;^ω^)

『4回転半を練習するためにもっと回転力を上げたいと思っていて』

・・・と、仰天発想で5回転ジャンプを跳んでいる事を明かす。

ちなみに5回転ジャンプは【サルコウ】【トウループ】の2種類だそうだ。

羽生結弦4回転アクセル悲願の完成へ手応え!

4回転アクセルの完成度状況だがハーネス装着での4回転アクセルはすごく綺麗に降りているとしている。本人も『良い感覚』と一定の手応えを感じていると表現している。

『とりあえず今シーズンを目指したい』

と発言している事から今季中の完成に意欲を見せている事も分かる。

習得中の4回転フリップも既に3回成功を収めていると言う。

今季実戦での4回転制覇も現実味のあるものとなってきているのは確実だ!

スポンサードリンク






羽生結弦4回転アクセルからその先へ

羽生くんは『ハーネスを付けた状態では4回転アクセルは出来ている』この事は分かった。

もちろんハーネスを付けていると付けていないでは全く違う。まず軸がブレない。

これは余裕を持つ事のできる最大の要因で軸さえブレなければトップフィギュアスケーターはまず転ばない。

そしてそれがジャンプで1番大事な部分。

『回転数を上げ過ぎると軸がブレる・・・』

このような心理状況が失敗を生むし当然その気持ちは回転数に比例して行く。

ハーネスを着用しているとそれがない・・・気兼ねず回転数を上げる事が出来るのだ!

さてそんなハーネスを着用した上で成功している羽生くん。

当然羽生さんは当然ハーネスを着用していない感覚で跳ぶ練習をしている。

そして『跳べていない』と思っていたら羽生さんは絶対『良い感覚』なんて言葉は出さない。

4回転アクセルは近々に完成する可能性は高く羽生さんはその先を見据えている。

4回転アクセルの練習法は5回転ジャンプは【サルコウ】【トウループ】の2種類。

練習法から常に先の練習法を取り入れており。4回転全てを制覇後はさらに先の5回転の練習法を取り入れ【人類不可能領域】の5回転に踏み入れる準備も出来ている事が分かります。

だいたい4回転アクセル自体【4回転半】ですからね(;・∀・)

充分【人類不可能領域】と思えますが・・・5回転・・・末恐ろしい!!

まとめ

実は楽しみにしていた【ニジンスキーに捧ぐ】はまだ使用しない模様。

それは現行のプログラムで・・・『このプログラムで負けたままで終わらせられない。完成させて悔いなくこのプログラムを終えたい気持ちが強い!』

といった強い気持ちがある為だ。

今季まではSP・FPどちらとも現行のプログラムで行く事になる。これには他にも理由があって高難度な技の習得に集中する意味合いもある。

羽生くんの思い描く完成像には確実に4回転アクセルとその先の5回転が・・・組み込まれているようだ。

スポンサードリンク